くせ毛の人ほどダメージが気になる理由

くせ毛のメリットデメリット

外国人のようなくるくるの巻き毛はかわいらしく、そのままでも十分魅力的な髪の毛になります。しかし、日本人のくせ毛のほとんどはうねるような中途半端なもので、そのままではヘアスタイルも決まらず、パーマかストレートヘアかの境界線で悩むような状態になりがちです。また、くせ毛の人の髪の毛は、細く腰がない、いわゆる猫毛であることも多く、艶がなく広がりやすいので、ますます扱いにくくダメージヘアに見えてしまうこともしばしば。中途半端なウェーブはデメリットばかりが目立ち、メリットがないようにさえ感じてしまいます。

 

ダメージが蓄積してしまう理由

くせ毛を生かしたヘアスタイルにこだわる人以外は、思い切ってパーマをかけてしまうか、縮毛矯正、ストレートパーマなどで強制的にストレートケアを維持している場合が多く、必然的にダメージが蓄積しやすい状況になります。その上、髪質の特徴である細くて艶がないことがさらにダメージが大きいものであるかのように錯覚させてしまいます。できれば、毛先だけでも定期的にカットするなどの対策をとることが、健康的な髪に見せるテクニックです。また、艶を補給するためにヘアマニュキュアやヘアオイルなどを効果的に使用していくことで若々しさも保てるので試してみましょう。